黒住教【概要】

黒住教(くろずみきょう)は、岡山県岡山市にある今村宮の神官、黒住宗忠が江戸時代(文化11年11月11日・西暦1814年)に開いた教派神道で、神道十三派の一つである。同じ江戸時代末期に開かれた天理教、金光教と共に幕末三大新宗教の一つに数えられる。 現在の教主は七代目の黒住宗道が務める。
祭神は「天照大御神」「八百萬神」「教祖宗忠神」の3柱。

黒住宗忠は、安永九年(1780年)、備前国御野郡上中野村(現在の岡山市上中野)で、今村宮に仕える禰宜の家に生まれた。流行り病で父母を相次いで亡くした悲しみから、病に伏した宗忠は、文化11年(1814年)11月11日、冬至の日の出を拝む(日拝)中で天照太神と自分が一体となるとなるという体験をした。黒住教ではこれを「天命直授」と呼び、この日を立教の日としている。 この宗教的体験により宗忠は、病気治しや日常の心がけを説くなどの宗教活動を始めた。
出典:ja.wikipedia.org

公式サイト

黒住教

Similar Posts
黒住教【口コミ・評判】
黒住教の口コミ・評判 "レビューを記載"投稿者名: 関係性(例)信者,信者家族,元信者,近隣住民等。: Rat...

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website